TOP >  外資系企業の転職

スポンサードリンク

外資系企業の転職で必要な英語力

英語の語学力に自信がなく、外資系企業に就職したいと思っているものの腰がひけているという人は多いのではないでしょうか。

実のところ、ネイティヴスピーカーのように英語が話せなくても大丈夫な企業はよくあるようです。
TOEIC700点以上を求人条件にしているところもありますが、全てではありません。

いくら外資系とはいえ、英語の会話力、読解力と仕事をこなす能力を比べた場合、仕事の処理能力に比重が置かれるのです。
従って、英語にあまり自信がなくても外資系企業の就職を希望することは無謀ではありません。

また外資系企業へ転職したら書類がすべて英語ということが不安という人も多いでしょう。
でも実際に仕事を始めれば書類の英語は単なる記号のようなもので一度意味がわかってしまえば対応できるということがわかるでしょう。


では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。
帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。

そのため、転職できてから仕事をしながら語学力アップに取り組んでも遅すぎるということはありません。
英語力に不安があっても、まだ若ければ採用されることもあるのです。
語学の勉強は、実際に外資系会社で働きながら続けていっても間に合うでしょう。

しかし、現実に外資系企業で仕事をしていくには英語力がなければいろいろと損をすることもあります。
海外出張をするにも外部との打ち合わせをするにも語学堪能であることは重要ですし、評価や昇進にも響きます。

今英語があまりできなくて外資系企業への転職を考えている人は今のうちから英語を勉強して少しでも語学の実力をつけておくことが大切でしょう。

人気雑誌

関連エントリー

外資系企業の転職で必要な英語力   外資系企業の転職に向いている人