TOP >  転職の面接

スポンサードリンク

転職の面接を受ける際の注意点

順調に転職活動が進み、面接の日取りまで決まったのに、突発的な出来事によって時間までに間に合わなくなったり、といったトラブルは常に起こりえます。予定通り面接に行けるようにしっかり準備をしても不測の事態が起こらないとも限りません。
どうしても都合が悪い場合は、担当者に連絡を入れて面接可能な日時を伝えましょう。一旦、転職の面接予定を組んでからの変更は、担当者に迷惑であると共に非常に悪い印象を与えてしまいます。転職の際の面接では特に注意しましょう。

この他にも、面接をする時に気をつけるべきことがいくつかあります。
面接会場への入室は緊張の瞬間ですが、落ち着いてこなしましょう。ドアを後ろ手に閉める等の失敗は禁物です。ここで焦ることは全くありません。後を向いて戸を閉じ、面接官に一礼します。

転職をすることになったきっかけ、前の職場を辞めたのはなぜかということなどはほぼ聞かれるものと考えていいでしょう。面接で好感情をもってもらうためには、仕事に対する批判的な視点のみでものを言わないようにします。前職を辞める際に、自分に好ましくない環境に対し、どういう前向きな行動をとったかを面接官は知りたがります。
積極的な姿勢で面接に取り組むことで、その会社が求めている内容の仕事に精一杯取り組むつもりがあることを示せるようにしましょう。

将来性があるとか、安定しているからといったどこの会社にでも当てはまるマニュアル的な回答では印象が薄くなるので注意するべき点です。

人気雑誌

関連エントリー

転職の面接時の条件確認   転職の面接を受ける際の注意点   転職活動での面接時のチェックポイント