TOP >  転職の面接

スポンサードリンク

転職の面接時の条件確認

どのような形で、面接採用条件を聞けばいいのでしょう。

話をする時は、慎重に行う必要があります。会社に対して要求を行い、取り入れてもらえるかどうかという話になります。前もって転職希望先の会社についての情報や、業界の動きについて知識を得ておくと、話も進めやすくなります。新しい会社で自分ができることはどのような仕事か、そしてそれは会社にどれだけ必要とされていることかなどの目星をつけておくといいでしょう。

求める給与額をこちら側から言うということは、タイミングや流れ的に難しいこともあります。できれば、会社から給与額を示してもらえることが理想的です。

転職後のトラブルを避ける為には、広告に記載されている事業概要、労働条件、仕事内容などの諸条件を面接で確認します。普段の生活の中で制限がかかるのか、休みに会社に出なければならないことはあるか、残業はどうか、等も必要なら質問しましょう。
気にかかったことがあったり、曖昧な点があった場合には、面接中に質問はないかと聞かれた時などに確認するといいでしょう。面接官にいい印象を持ってもらうためには、採用後の給料や休日の話ばかり聞くのはいいことではありませんが、後々のことを考えると、押さえるべきことは押さえておいた方がいいでしょう。

事前に面接で確認しておきたい条件をまとめておくと、より有意義な面接にする事が出来るでしょう。

採用面接が無事に済んだなら、できるだけ早めに謝意を書いた手紙を投函し、相手へのよい印象を抱かせておきます。手紙を書くことで、面接でいい足りなかった部分の補足などをすることもできます。

人気雑誌

関連エントリー

転職の面接時の条件確認   転職の面接を受ける際の注意点   転職活動での面接時のチェックポイント