TOP >  一般常識

スポンサードリンク

就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント

就職一般常識試験の内容は、読み間違いや書き間違いの多い漢字・四字熟語・反意語・同音異語・ことわざなどの国語の問題が出題されます。

一般常識試験の社会科は、古今東西のあらゆる事象が出題範囲です。
政治、経済、国際問題、地理、文化などが含まれます。

計算問題や図形問題は数学関係の基本ですが、簡単な因数分解、二次方程式、不等号問題も問われます。

作文能力が問われたり、英語問題がある企業もあります。

一般常識試験は、最低限の教養レベルを有しているかどうかを確認するものです。
より深く詳しく知っている方が偉いというわけではないので、難易度は中学レベル程度です。


就職一般常識試験を攻略するポイントは、問題集を購入し、とにかく何度も何度も繰り返し解いてみることです。
一見して易しそうな問いでも、事前に勉強をしていなければ解けないものです。
どのような問題が出るか予想がつくと、対策もしやすいものです。


時事問題対策には、新聞を読むことが一番です。習慣として新聞をざっとでも読み、興味を持ったことや難しい事柄があれば調べてみてください。

また、就職採用試験には作文問題が出ることがあります。
日頃は長文を書く機会が少ないですから、好きなテーマでまとまった文章を書いてみると試験の場でも慌てずに済みます。

難易度はさほど高くない一般常識試験ですが、その容易さゆえに思わぬ油断が生じやすい分野でもあります。
適当でお茶を濁していては意味がありません。
この先の自分自身を形作る上でも、基本的な教養である一般常識は重要ですから、この機会にきちんと学習してください。


関連エントリー

就職試験に役立つ一般常識試験の攻略ポイント   就職活動時の一般常識対策について   就職活動の一般常識とは