TOP >  フリーター

スポンサードリンク

フリーター就職事情の今後

現在、景気復興と共に求人は再び以前の勢いを取り戻し、新たに雇用される正社員の数も増えているようです。
それに伴い、フリーター数も減少してきています。
増加するフリーター、ニートを減らすために政府は幾つかの雇用促進策を出しているので、その影響もあるでしょう。
正社員を希望しながらフリーターやニートの道を選ぶ若者は減ってきているようです。

また、就職希望の新卒者の就職率や就職人口数は、回復の兆しをみせています。
バブルがはじける直前の80年代末期くらいまでには、雇用状況は好転しています。
今後、景気が回復していくと、フリーターは更に減っていくのでしょうか。


フリーターの就職事情は、現代の若者の考え方が変わってきている為に、フリーターの人数が減るという楽観的な考え方は出来ない様です。
正規の雇用先が見つからなかったという理由でフリーターになる人もいますが、中には仕事ではないことで目指したいことがあったとか、正社員でない働き方を希望したからといったものもあります。


就職氷河期ほど就職活動が困難ではなくなり、政府の対策や景気復興によって求人も決して少なくはないのに、依然としてフリーターのままでいるという人たちの数は、意外と多いのです。

かつて、フリーターの大多数はバブル崩壊により正社員になれないという事情を抱えていました。
望んでフリーターであり続けている人の心情は、必死に仕事を探したという人や、定年後も働き続けたいという人たちにはわかりづらいのではないでしょうか。


関連エントリー

求人募集動向とフリーターの就職事情   フリーター就職事情の今後   これ迄のフリーターと就職事情   フリーターと就職