TOP >  仕事市場

スポンサードリンク

仕事の市場について

働く事・勤労・憲法によって定められている国民の義務の1つでもある、と仕事はある辞書で定義づけられています。

同じく国語辞典で市場という言葉の意味を調べたところでは、「売り手と買い手が定期的に出会って取引を行う組織」という文章でまとめられていました。

働き手の情勢という言葉で仕事市場という言葉は用いられるようです。


日本の仕事市場について調べてみました。
近年、賞与や賃金の引き上げなどの待遇改善を要求する労働者の声が強まっていますが、賃金水準は低下しています。

しかし、正社員のベースアップ予定があるという会社は2008年では4割です。
昨年、一昨年と続き2008年度も賃金アップがあるなど、近年はずっと賃金上昇圧力が強い傾向があります。

業界別に状況を分析すると、サービス業、製造業の上昇率が飛び抜けています。
金融業や不動産業の賃金を引き上げた企業の割合は低調でした。
正社員からの賃金上昇欲求が増すと共に、会社側もその訴えに対して給与を引き上げる対応を取りうるようになりました。

対して、非正規雇用状態にいるアルバイトや契約社員といった方々は、仕事市場ではどのような扱いを受けているのでしょうか。
2007年に比べてほんの少し増えはしたものの、非正社員のベースアップをすると回答した会社は2008年は2割程度です。
そして4割の企業が非正規雇用の賃金はアップさせないとしており、正社員よりアルバイトやパートの情勢は不利になっているようです。


関連エントリー

女性の仕事市場   睡眠時間と仕事市場   仕事の市場について