TOP >  仕事市場

スポンサードリンク

睡眠時間と仕事市場

睡眠時間仕事市場について。睡眠時間は徐々に減り続けています。
過去20年間で睡眠にかける時間は最短を更新したとの総務省の調査結果が出ています。

睡眠時間が減少する一方、労働者の1日の仕事時間は増加傾向にあり、長時間労働を続ける日本人の仕事市場が浮かび上がっています。
労働者の1日の平均仕事時間は6時間9分で、5年前より10分増加しています。

どうして勤務時間が長くなってしまうのでしょう。
企業に聞いたところでは、規定の時間では必要な作業が終わらないので時間をかけざるをえないという回答が多いようです。

2割の会社が、売り上げが落ちる等で、人手を減らすことになったために仕事に時間をかけなければならなくなったとしています。
企業によっては、人員カットや新採用数をなくしたことによって人手がなくなり、そのしわ寄せが労働時間にきているようです。

睡眠時間を削って働く人が増えている日本の仕事市場ですが、働き口が見つからない人がたくさん存在するのもまた、日本の仕事市場の現実です。

多様就業型ワークシェアリングとは、労働者の長時間の労働問題を解決するために考案されたもので、厚生労働省が今熱心に勧めているものです。
ですが、多様就業型ワークシェアリングは社外の客との対応に問題が出たり、常勤の社員への負担が増すことも起こります。
国内の仕事市場では、このようなトラブルを抱え込んでいる状態といえるでしょう。

職を求めている人と、過労環境で苦しんでいる人とが仕事を共有しあうことが可能なら、仕事市場はよりよいものになり、睡眠時間も確保でき労働時間を短くすることが可能なのではないかと考えられています。


関連エントリー

女性の仕事市場   睡眠時間と仕事市場   仕事の市場について