TOP >  仕事市場

スポンサードリンク

女性の仕事市場

仕事市場での女性はどのような扱いでしょう。

最新の人口データを元にして、厚生省が労働環境について試算したものが出ています。
厚生労働省の発表によると、2006年に6657万人だった労働人口は、2030年には1070万人減少すると予測しています。

こうした働き手不足の時代に、日本の仕事市場を支える存在として注目されているのが女性達です。
男性の労働総数は2005年から6006年にかけて3万人減少し、2006年時点では3,800万人です。
対して女性は2,700万人ですが、前の年より9万人増えています。

女性の労働人口を見ると3年連続して増加の仕事市場となっています。
共働きの夫婦が多くなり、結婚しても仕事を続ける女性が増えています。


女性の仕事市場の特長としては、結婚や出産によって仕事を辞めた場合、養育てが終わってからまた働きたいと思ってもなかなか働く場所が見つからないことがあるでしょう。
仕事と家事を平行してこなすことができなかったという人の半数は、その原因として体力が保たずに続かなかったことをあげています。
女性が仕事しやすい環境を作ることができれば、日本の仕事市場がさらに活性化され、きっと景気回復の一助になる事でしょう。

女性の開業年齢は30代半ば以降の割合が最も高く、年齢層が高くなるにつれてその割合が低下しています。

逆に男性は55歳以上が最も高くなっています。
新たな事業を興す女性は、育児に正面から取り組んでいるという人が多いようです。
子どもは育てたい、仕事は続けたい、という悩みを抱えている人が多いことが特長です。

もしも、失業中だけれど働く意志がある人と、睡眠時間を削ってまで無理をして働き続けている人との仕事を平均化することが可能なら、もっと働きやすい環境となり、仕事市場も向上するでしょう。


関連エントリー

女性の仕事市場   睡眠時間と仕事市場   仕事の市場について