TOP >  就職フェア

スポンサードリンク

就職フェアと履歴書

履歴書や職務経験書は、就職フェアの時には必要ないので、持たずに行くことができます。

しかし自分が足を運ぶ予定の就職フェアに、初めからお目当ての会社が来ると判っている場合は、履歴書や職務経歴書を準備した方がより好印象を与えられます。会社側に、履歴書などの形で態度を示すことによって、自分自身を印象づけることができるためです。
履歴書を書いて就職フェアに行くことは、採用希望の会社がブースを出していない場合でも使い道があります。履歴書に、入社したい業種や自分のできるスキルを書き込み、希望業種の会社に持って行くという使い方ができます。参加している会社の担当者にいい印象を持ってもらうためには、希望をはっきり書いた履歴書がものをいいます。
履歴書や面接での言動によって、会社で戦力として役に立つ存在だということを担当者にアピールすることが就職を進める上では大事なのです。働く気概がどれほどあるかを見せることと、働く能力があるかを見せるようにしましょう。

就職フェアに参加している会社側も、採用したいと思える人を探しています。会社の人事担当者が就職フェアで人探しをしているのは、就職したいという意志のある会社の欲しい人材を捜すためであり、そういう人を待っています。
不参加だと思い込んでいた本命の企業が、就職フェアに企業ブースを出していることも考えられます。履歴書や職務経歴書ならびに証明写真をバッグに忍ばせてから就職フェアに望む事を強くおすすめします。


関連エントリー

就職フェアの利点   就職フェアと履歴書   就職フェアについて